画角やパースペクティブで表現する

最近になってようやくフルサイズの受光素子を採用したデジタル一眼レフカメラが発売されるようになって来ましたが、それでもまだAPS-Cサイズの受光素子を用いたデジタル一眼レフカメラが主流と言えます。この受光素子は一般的なフィルム一眼レフカメラの24×36ミリよりも小さく、従来のフィルム面と同じ場所に受光素子があるため、フィルムカメラよりも写る範囲が小さいのです。 つまり、フィルムカメラよりも画角が狭くなることを意味します。このことが、デジタル一眼レフカメラの弱点でもあるのですが、広角描写が苦手なのです。 そのため、カメラメーカーをはじめ、レンズメーカーもデジタル一眼レフカメラ専用の広角レンズをこぞって開発し発売しています。

この狭い画角を逆に長所としていかせるのが望遠レンズを用いた撮影です。 ASP-Cサイズでは、レンズの焦点距離が約1.5倍程度になると言われています。 つまり、300mmの望遠レンズを使って撮影すると450mmの望遠レンズを使って撮影している画像を得ることが出来るのです。いわゆる「サンニッパ」が「ヨンニッパ」として使用できてしまうのです。






とことん悩んで後悔しないようにして学資保険をやってみましょう。子供が大きくなったときにどうするかで保険の設計も変わります。ちゃんと考えて決めないと後悔します。大切なのはここです。-

どの生命保険を選択するかは容易なことではむないのです。生命保険の見直し、つまりどうやることで損をしないで生命保険の見直しを比較して選ぶのかどうとらえるのか。重要な注意点です。躓きそうになったなら保険シッョブのみつばち保険ファームは役立ちます。-