標準ズームレンズ使用した撮影

これまで、一眼レフカメラの標準レンズと言えば50mmの短焦点レンズが一般的でした。 人間の視野はカメラで言うと50mmだと言われていたからです。 しかしズームレンズの普及に伴い、標準レンズとはだいたい30mmから70mmくらいを指していました。 そして昨今のレンズ開発技術の高度化によって、超広角から望遠までをカバーする標準レンズが開発されてきているのです。例えば、あるレンズメーカーでは、28mmから300mmのレンズを開発し販売しています。 いわゆる広角から望遠までをカバーしているレンズですが、これをデジタル一眼レフカメラで使用すると、約42mmから450mmとなり、標準域から望遠レンズという位置づけになってしまいます。

しかし上述のレンズを使用していても、50mmという標準域はカバーしているので標準ズームレンズということが出来ます。 標準ズームレンズは、一見すると地味な存在ですが、他の広角レンズや望遠レンズは違い、もっとも人間の視界に近い表現の出来るレンズです。 そのため、風景撮影において、もっとも自然な表現が出来るとも言われています。






ガン共済・医療共済。生命共済。様々な共済種類があります。その共済についての保障対象と保障内容はもちろん大きく違っています。共済はきちんと確認することが重要です。共済は比較をするとその違いが分かります。-

生命保険では保険相談も可能です。損をしない生命保険をみつけていくことはそんなに易しいことではありません。生命保険は一生でみれば支払う保険料の合計額はマイホーム購入に次ぐ家計の支出と言われているもので、また自分そして家族の万が一を保障するためのものなので選択に悩むのです。だから専門のアドバイザーに生命保険相談をしてもらっていい保険プランにするようにしましょう。-