RAW現像とJPEGファイル

デジタル一眼レフカメラで撮影したデータは、様々な形式で保存が可能です。 現在、もっとも一般的なファイル型式は「JPEG」であると思います。 このファイル型式は「不可逆圧縮型式」と呼ばれているもので、JPEGファイル自体が圧縮型式のファイルなのです。 さらに「不可逆」なので一度JPEGにした画像は元に戻せません。一方で、デジタル一眼レフカメラは「RAW」というファイル型式で保存も可能です。 「RAW」とは日本語にすると「生」という意味ですが、まさにCCDで捉えた画像を何も変更することなくパソコン上で表現するのが「RAW」ファイルになります。 しかし「RAW」ファイルは、専用のソフトウェア出なければ見ることが出来ません。

そのため、「RAW」ファイルは、専用のソフトウェアによって一般的なJPEGなどに現像処理をしてあげる必要があるのです。また「RAW」であれば、撮影後に露出の微調整やカラーバランスの調整が可能になります。 そして調整を行っても画像に劣化が起こらないことが特徴です。 JPEGにおいても、若干の補正は可能ですが、保存するごとに画像が劣化して言ってしまいます。






社会生活を営む上で悩まないといけないことはたくさんあります。その内の一つが保険を考えておくことです。結構と面倒に思えることです。生命保険比較を保険代理店でしましょう。保険の対応をすることを安直に考えないことです。保険に詳しいFPなどに見直しや見積もりなどを依頼してみるのも-

保険の相談についてをよく考えてみましょう。保険とどう接するかについて考えることで得ることは必ずあります。保険の問題でどうしても苦労するのは保険が有効であり効果的なのかです。保険相談は簡単なことではないのです。生命保険の比較は大切です。-