デジタル一眼レフとフィルム一眼レフの違い

従来のフィルムカメラとデジタルカメラで決定的に違ってくるのが、記録する媒体です。 フィルムカメラでは、ネガフィルムやポジフィルムに記録していたものが、デジタルカメラではコンパクトフラッシュカードやSDカードといった記憶メディアを使用する点です。これまで使用していたフィルムは、低感度から高感度まで揃っていました。 風景や動かない被写体を撮影するときは低感度フィルムで、スポーツや自動車のレースなどの動く被写体を撮影するときは中から高感度のフィルムを使用していました。 このようにフィルムカメラではフィルムを使い分けることで様々な被写体に対応していました。 それに対してデジタルカメラでは撮影感度を1枚ずつ変更することが可能になっています。

また色彩やコントラストは撮影段階で設定できたり、撮影した画像データをコンピューターで微調整することも可能です。このようにフィルムカメラからデジタルカメラに移行していくにあたって、撮影に関する様々な事柄に変化が起きてきています。フィルムカメラの長所や短所、デジタルカメラの長所や短所を良く理解することが大切です。






 保険の入口は、自分のリスクをどうとらえるかという観点です。必ず問題になります。JA共済など、保険だけではありません。いろいろな種類の共済商品があります。共済が違えば保障も違います。様々な共済を比較するのはなかなか大変なことです。-

保険の正しい考え方を学ぶことで正しい生命保険商品を後悔せず選ぶことが可能になるのではないでしょうか。生命保険の保険相談もあります。やらなくてはいけないのは保険ショップで生命保険相談。ちゃんと考えて生命保険を決めましょう。生命保険の選択は大変なことなのです。-