撮影素子につくゴミ対策

デジタル一眼レフの大敵でもあり、デジタル一眼レフカメラのいちばんの弱点でもあるのが、撮影素子に付着してしまうゴミです。フィルムカメラでも、ミラーについたゴミなどがフィルムに移りこんでしまうことがありましたが、ブロワーで吹き飛ばしてしまったり、自然と落ちてしまったりで、それほど神経質にはなりませんでした。 しかしデジタル一眼レフカメラでは、撮影素子にゴミが付着してしまうと、ブロワーで吹いても取れにくい上に、画面の中央付近に付着してしまうとそのまま画像として現れてしまうので、とても厄介なのです。これは、現段階では決め手となるような対処策は見つかっていないのが現状です。

オリンパスのデジタル一眼レフの一部に「ダストリダクションシステム」と称して、ローパスフィルターとシャッター幕の間に超音波防塵フィルターを取り付けるという画期的な方法を採用しているカメラがありますが、それでも完璧とはいえないようです。ローパスフィルターに付着してしまったゴミは一般的にはメーカーのサービスサポートなどに依頼して清掃してもらうことですが、ニコンからはローパスフィルター清掃キットが売られています。






保険ショップでは生命保険を考えておけば思っているよりもうまくいきます。しっかりと生命保険コンサルについていかがしますか。誰に対してどのように相談しますか。繁華街のビルの一角に保険見直し本舗が増えました。ここでの生命保険の生命保険のFPやアドバイザーも最近は増えてきています。-

自分が支える家族の生活費を考えるようになるのす学生からサラリーマンになったときだったと振り返ることが多いようです。人生の節目で自分が死んだときに必要な金額と生命保険をよく考えないといけないことに気が付きます。保険ショップのがいいことに気づきます。ライフプランや人生設計のことを知りましょう。保険ショップです。-