ホワイトバランスの活用

フィルム一眼レフカメラでは、色温度の調整はフィルムの種類の変更で行ったり、早朝や夕方の光での撮影にる赤みにブルーフィルターを用いて対応したりしていました。 これはこれでけっこう面倒な作業であったのですが、デジタル一眼レフカメラでは、「ホワイトバランス」という機能により1枚ずつ調整が可能になっています。フィルム一眼レフカメラでよく使用されていたフィルムは一般的に「デイライトタイプ」のフィルムでした。 これは太陽光下で正しい発色をするように調整されたフィルムです。 このことは、早朝の色温度が高いときには全体的に青みが買ってしまい、朝日を浴びている木々は赤く染まってしまいます。

このようなフィルムの撮影効果をそのまま表現したければ、デジタル一眼レフカメラのホワイトバランス機能を「太陽光」で撮影してあげればよいのです。さらにホワイトバランスには他に「曇りモード」や「室内モード」、などが装備されています。 状況に応じて使い分けを行う必要があります。 また機種によっては、その場のホワイトバランスを正確に捉えるため、白い紙を印刷してそのデータを基準にホワイトバランスを設定する機能を備えているカメラもあります。






生命保険では保険通販も可能です。問題が起こらないような医療保険やがん保険を選択することは気楽にできることではないのですが、その見直しを落ち着いて考えて見比べて自分にあった生命保険をしっかり考えることから始まります。そうして通販保険を選びます。問題が思ったより簡単に解決したりします。保険を安くするときには所得保障保険が使われます。-

遺言書の執行は確り話し合い遺言を作ることも大切です。うまく遺産分割の問題を乗り越えるために遺言は役に立ちますす。遺言などの手続きについてあまり簡単に決めつけないことです。多くの場合遺産相続については不動産を子に承継させるに当たりとても難しい問題に直面します。このような問題についてあらかじめ考え対策すれば意外に何事もなく解決したりします。-